『ゴールデンカムイ』とアイヌ民具の世界

イランカラプテ!キミです!

二風谷にある「平取町立二風谷アイヌ文化博物館」で『ゴールデンカムイ』とアイヌ民具の世界と題した特別展が開催されているので観に行ってきました。

期間:2018年2月10日(土)~2月25日(日)

午前9:00~午後4:30 月曜休館

場所:平取町立二風谷アイヌ文化博物館 伝承サロン

入館料:大人400円、小・中学生150円(20名以上で団体割引あり)

上記入館料で、特別展、常設展どちらも見学できます。

ゴールデンカムイは週刊ヤングジャンプに連載中の冒険漫画です。時代は明治、舞台は北海道でアイヌの少女アシリパと日本人(和人)の杉元が金塊を求めて冒険する漫画です。ゴールデンカムイはアイヌ文化の描写がしっかりとしていて、アイヌからの評価も非常に高い作品だと思います。漫画自体も面白く、漫画大賞2016の大賞を受賞し4月からはアニメも放送されるようです。

漫画と現実を結ぶ展示

この特別展ではゴールデンカムイの原画やキャラクターのパネル、そしてアイヌの民具を並べて展示してあります。漫画やアニメの中の世界は現実ではありませんが、ゴールデンカムイに登場する着物や道具類などは実際に存在するものを模様まで正確に描写しています。アイヌ語やアイヌ文化も専門家が監修しているので作品に説得力があると思います。この特別展では、アシリパやキロランケが身に着けている物や作品に登場する道具。例えば、タシロ(山刀)、マキリ(小刀)、タンパクオプ(煙草入れ)、カリンパウンク(桜皮を巻いた弓)、ストゥ(制裁棒)など(他にも多数)が展示されています。特別展には若い人たちが沢山訪れているようです。今までアイヌ文化を知らなかったり、興味がなかった人たちが足を運んでくれた事を地域の一員として嬉しく思います。

特製缶バッジ(アシリパ)が貰える

会場に行きアンケートに答えた人は特製缶バッジが2つ貰えます。アシリパとビラッキー(平取町のマスコットキャラクター)の柄です。

特別展と一緒に常設展も!

特別展を観るには入館料を払います。どうせなら一緒に常設展も見学しましょう。ゴールデンカムイにはまだ登場していない民具や現代の工芸作家の作品なども見学する事ができます。ゴールデンカムイを読んでアイヌ文化に興味を持った人はぜひ二風谷に足を運んでください!

関連記事:

二風谷観光の手引き1(アクセス)

二風谷観光の手引き2(博物館で歴史を学ぶ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする