ブログの話2(サーバー他)

イランカラプテ!キミです!

前回の記事では有料ブログと無料ブログの仕組みを説明させてもらいました。こちら

今回は有料ブログを始めることを選択した僕がどのようにブログを始めたかを書いていきます。

サーバーを用意

サーバーは現実世界ではコンピューターのようなもので、インターネット上ではデータの置き場で、パソコンでいえばハードディスクのようなものです。たとえるなら情報が得られる博物館や図書館のような建物と言えるかもしれません。

有料ブログを始めるにはサーバーが必要不可欠です。一般的なのはサーバーをレンタルする方法です。レンタルといっても実際に何か物を借りるわけではなくて、レンタルサーバー内の容量を借ります。サーバーは電力が安定的に供給され地震などの天災の影響を受けない場所に置いてあります。自分でサーバーを作る事も出来ますが、セキュリティ対策などを考えると一般的ではないようです。

僕はXserver(エックスサーバー)という会社と契約しました。

ドメイン取得

ドメインはインターネット上の住所のようなものです。http://www.○○○.comの○○○.comの部分です。サーバーを博物館や図書館とするならばドメインは住所です。どんなにいい博物館や図書館でも住所がなければ誰も観に行くことができません。

僕はお名前.comという会社からドメインを取得しました。

WordPress(ワードプレス)

ワードプレスは簡単にブログを始められるCMSと呼ばれるツールです。CMSはワードプレス以外にもあるので、どれを使うかは好みで選んでください。これらのツールを使えばプログラミングができない人でもブログ(Webサイト)を簡単に構築する事ができます。

たとえるなら博物館や図書館の建物のデザインと考えられます。外観はその建物に興味を持ったり入ってみようと思う事につながります。見た目が悪すぎたり、怪しいとせっかくいい内容でも誰も観てくれないでしょう。

記事の内容

ブログの準備ができたら記事を書きはじめます。記事の内容がブログで一番重要です。上記の例の博物館や図書館がどんなにいい場所、良い建物だったとしても、中身が何もなかったら意味がありません。展示されている物、収蔵されている物が他では観られない珍しい物だったり、何度でも観に行きたいような面白いものである必要があります。

偉そうに書いていますが僕のブログはまだまだなので、読者の方に魅力的な内容の記事をたくさん書けるように精進していきます。

次の記事⇒ブログの話3(広告)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする